auひかりプロバイダASAHIネットの紹介

ASAHIネットの評判やいかに?

株式会社朝日ネットが運営しているプロバイダーが、ASAHIネット。ASAHIネット光、フレッツネクスト、auひかりなどのプロバイダーを提供。2016年には廃止になるが、ADSLのプロバイダーとしても活躍している。

 

ただ、プロバイダー特典としてキャッシュバックが用意されていないので、特に朝日ネットに申し込むメリットは無いように思われる。

 

>>TOPに戻る

 

auひかりプロバイダASAHIネットの紹介

 

auひかり回線を利用するなら、取り扱いのあるプロバイダから申し込むだけで完了します。いくつかのプロバイダが存在しますが、特に安くてお得なのが、ASAHIネットです。ただ、他社には劣ってしまうかも?

 

ASAHIネットでauひかりのホームコースの継続利用を申し込むと、キャンペーンが適用されます。開通月が無料になり、さらに2年間の月額利用料がたったの2300円になります。他のプロバイダで同コースを利用すると、4400円前後の月額利用料がかかりますので、2年契約を利用するなら、断然ASAHIネットの利用がお得です。
また、電話サービスに加入することで、30ヶ月もの間、電話サービスの月額利用料が無料になります。電話サービスの月額料金はたったの500円ですが、30ヶ月も支払い続けるとなると1万5000円の費用がかかる計算になりますので、割引特典としては優秀だと判断できます。

 

 

ASAHIネットではもう一つ、マンションコースのauひかり回線が提供されています。このマンションコースでも、月額利用料が安くなるキャンペーンを実施中です。
開通月は400円を支払うことになりますが、2年間の月額利用料が1800円で済みます。これも他のプロバイダなら、2000円から3800円の料金がかかりますので、その安さはずば抜けているといえます。
これらに加えて、登録料と設置工事費がかかってきます。登録料はどちらのコースを選んでも、一律3000円がかかります。設置工事費はホームコースのほうがやや高めですが、どちらのコースにも分割払いのシステムが用意されていますので、支払い負担を減らせる配慮がなされています。
毎月1250円をホームコースなら30回、マンションコースであれば24回支払うことになります。分割手数料はかかりません。
オプションも充実しています。

 

 

テレビサービスを申しこめば、1万を超えるタイトルの、映画やドラマなどの映像作品をテレビで視聴できます。スポーツや音楽といったチャンネルも用意されており、auひかり回線を使いながら、映像を楽しむことが可能です。プラチナセレクトパックに申しこむと、全39チャンネルを月々1980円でたっぷりと楽しむことが可能です。
他にも無線LANサービスや担当者が自宅で設定してくれるサポート、セキュリティサービスも申し込めます。
申し込みはASAHIネットのサイトに設置の、専用フォームから行います。電話でも相談や申し込みをすることが可能です。

関連ページ

So-netのキャンペーン情報
So-net
Biglobe(ビッグローブ)のキャンペーン情報
2016年1月より、プロバイダー「BIGLOBE」を指定すると、ファミリータイプを対象にキャッシュバック20000円又はNEC製タブレットの選択が可能となりました。
@niftyニフティのプロバイダー情報
@niftyはプロバイダサービスですが、ここではauひかりの回線を利用できます。@niftyをプロバイダに選んだからこそ、お得なキャンペーンやサービスがありますので、注目したいところです。
@TCOM(アットティーコム)のプロバイダー情報
@T COM(アットティーコム)はauひかりのプロバイダーとしておすすめできるか?静岡地方で人気ですが、その他エリアでは特に必要ないでしょう。
DTIのプロバイダーキャンペーンはおすすめか?
auひかりの接続プロバイダの一つとして利用できるDTIは、日本国内では古参の1995年創業の老舗プロバイダの一つです。