@T COM(アットティーコム)

@T COM(アットティーコム)のキャンペーン情報

@T COM(アットティーコム)は、株式会社TOKAIコミュニケーションズ(旧名・ビック東海(ビックとうかい))が提供しているプロバイダーです。静岡エリアを中心にケーブルテレビ事業やインターネットプロバイダ事業を行っている。
ファミコンなどのゲームソフトや、ソーシャルゲームの開発なども行っていたが今では撤退している。

 

auひかりのプロバイダーとしても、東海地方ではある程度のシェアがあるが、その他のエリアではほとんどない。また、キャッシュバックキャンペーンも特にないため、auひかりのプロバイダーに設定するメリットがあまりない。もちろんデメリットがあるわけではない。

 

特に理由がなければ、Sonetかビッグローブで問題ないかと思われる。
>>TOPに戻る

 

auひかりプロバイダASAHIネットの紹介

インターネットで高速通信が可能な光回線のauひかりは、プロバイダサービスを提供する@T COMから申し込むことが可能です。@T COMでは期間限定のauひかり入会キャンペーンが実施されていますので、このチャンスを逃さないようにしましょう。
初期費用として、3万7500円もの高額な料金が必要になりますが、@T COMで加入すれば、分割払いで支払うことができます。分割手数料は一切かかりませんので、気軽に分割払いを利用できるのが魅力です。
30回に分けて、月々1250円の負担で済みます。

 

ホームタイプで3年間の継続契約のプランを選べば、25ヶ月目以降は4900円の月額料金になります。一般的な光回線とプロバイダの利用料金が、7000円前後することを考えれば、たいへんお得な料金体系だといえます。
ちなみに1ヶ月目〜12ヶ月目の間は、月々5100円、13ヶ月目〜24ヶ月目までなら月々5000円の支払いです。さらに、30ヶ月間750円割引の特典までついてきます。
au光のオプションサービスの契約においても、お得なキャンペーンが実施されています。月々300円で電話サービスを利用できますが、auの光回線と同時に申し込むことで、30ヶ月もの間、無料になります。
テレビサービスにも注目です。プラチナセレクトパックに加入すると、月々1980円の支払いが発生しますが、キャンペーンを利用すれば、最大2ヶ月無料になります。

 

 

パソコンの接続、ブラウザやメールソフトの設定には知識が必要ですが、パソコンやインターネットが苦手な人のために、かけつけ設定サポートが用意されています。専門のスタッフがその場で作業してくれますので、手間がかかりません。通常であれば有線の接続で6800円、LAN機器のパックで9500円の費用がかかりますが、キャンペーンを利用することで、有線の接続を2000円で、LAN機器のパックなら4700円で受けられるようになります。

 

 

これらのお得なキャンペーンは、2年の継続契約でも利用できます。但し、回線とプロバイダ料金に関しては、また違った割引価格が適用されます。月々5200円の料金が、30ヶ月間750円割引の4450円に変化する内容です。
通常のマンションタイプや、3階建て以下の集合住宅タイプに関しても、月額料金などがお得になるキャンペーンが用意されています。
申し込みは、@T COMの公式サイトから簡単にできます。案内に従って手続きを済ませましょう。

 

 

関連ページ

So-netのキャンペーン情報
So-net
Biglobe(ビッグローブ)のキャンペーン情報
2016年1月より、プロバイダー「BIGLOBE」を指定すると、ファミリータイプを対象にキャッシュバック20000円又はNEC製タブレットの選択が可能となりました。
@niftyニフティのプロバイダー情報
@niftyはプロバイダサービスですが、ここではauひかりの回線を利用できます。@niftyをプロバイダに選んだからこそ、お得なキャンペーンやサービスがありますので、注目したいところです。
朝日ネットのキャンペーン情報
株式会社朝日ネットが運営しているプロバイダーが、ASAHIネット。ASAHIネットでauひかりのホームコースの継続利用を申し込むと、キャンペーンが適用されます。開通月が無料になり、さらに2年間の月額利用料がたったの2300円になります。
DTIのプロバイダーキャンペーンはおすすめか?
auひかりの接続プロバイダの一つとして利用できるDTIは、日本国内では古参の1995年創業の老舗プロバイダの一つです。