auひかりのプロバイダは何が良い?料金?

auひかりプロバイダで分かったことをまとめてみた(料金など)

近年話題の光コラボですが、実際何なのでしょうか。光コラボとは、家庭用インターネットサービスと携帯会社をまとめてセットで契約することで、大きな割引を受けることができます。

 

今では大手携帯電話会社各社ともこのサービスを提供しています。最近では大手携帯電話会社以外の通信事業者でも、契約すると光コラボの対象回線となり、スマートフォンに割引が入るものもあります。

 

インターネット回線は大きく分けて二つありますが、ひとつはNTT回線を使ったもので、NTT回線を自社のインターネットサービスとして提供しているものと、電力会社と協力し電線を使用してインターネットサービスを提供しているものとがあります。一部例外で、地元のケーブルテレビのネットワークでインターネットサービスを提供しているところもあります。

 

光コラボにして良いところはスマートフォンに割引が入るだけでなく、インターネットサービスの料金がわかりやすくなるという利点もあります。光コラボにすると、いままで回線契約とプロバイダ契約が別になっていました。たとえばNTTのインターネットを利用している人の場合、回線契約はNTTですが、別にインターネットの接続サービスとしてプロバイダ契約が別に必要となります。

 

この場合、NTTにもプロバイダ会社にも料金を払わなければならず、一体いくら毎月払っているのかわかりにくかったのですが、光コラボで請求をまとめることで、インターネットの月額料金がわかりやすくなります。請求書がまとまりわかりやすいです。さらに、インターネットに何か問題が起きた場合でも、問い合わせ先がわかりやすく、手続きが簡単になります。

 

 

今までの話し。フレッツ光はプロバイダ選びが大切だった

いままでのインターネットであれば、インターネットに何か問題が起きた場合、NTTに問い合わせればよいのか、プロバイダに問い合わせればよいのかわかりにくいことがありましたが、今後は携帯会社にすべて問い合わせることで問題が解決しますので、処理が簡略化され、環境が改善されます。スマートフォントとの会社とも同じということですので、月額料金で気になることがあればすぐに問い合わせることもできますので、とても安心です。

 

このように何かと利便性の高い光コラボですが、その中でも近年人気が上昇しているのが、電線を使ったインターネットサービスです。auひかりはこの電線を使ったインターネットサービスです。

auひかりは通信速度が落ちにくく、安定して通信を行うことができます。auひかりの場合は、別途プロバイダ契約が必要ですが、プロバイダ料金はauひかりの月額料金の中に含まれていますので、月額料金がわかりやすく家計の管理を容易に行うことができます。ここではauひかりに対応するプロバイダを比較してみようと思います。

 

 

auひかりプロバイダごとの説明を

主にインターネットでメールをメインに使う人の場合であれば、ASAHINET、アットティーコムがおすすめです。このプロバイダはメールの保存容量が無制限なので、どれだけメールをしても安心です。

 

メールマガジンを受信することの多い人や、自分で趣味や副業などでメールを頻繁に行う機会のある人はこのプロバイダを選んだ方が良いでしょう。
初めてインターネットを使う人の場合は、ビッグローブがおすすめです。

 

ビックローブはインターネットの接続や設定もしてくれますので、初めてネットを使う人の場合は、ネットを引いたときにどういった設定をすれば良いのかを知る意味でも、ビックローブで接続や設定をしてもらい、教えてもらうのも良いでしょう。

 

ビックローブはサポートがとても充実しているので、今後ネットで困ったときには相談できるプロバイダとしての強みがあります。場合によっては自宅に訪問してくれたり、リモートで遠隔操作で対応してくれたりと、しかもそれらを無料で行ってくれます。

 

 

 

au one netについて

auひかりは機械に線をつなぐだけで使えるようになるのですが、実際に機械につなげてインターネットをするためのパソコンとインターネットの接続や設定のわかりにくい人や、面倒な人はかわりに業者がしてくれますので、そのときにはビックローブを選ぶと良いでしょう。さらにおすすめのプロバイダは、auonenetです。これはプロバイダもauにしてしまうということです。

 

プロバイダ契約もauにすることで、インターネットもプロバイダもスマートフォンもすべてが同じ携帯電話会社にまとまりますので、請求書がすべておなじところから来ることになります。通信で困ったときもすべてがauですので問い合わせるときも便利で安心です。すべてがauにまとまっていますので、支払う通信費すべてがauポイントになります。同じ月額料金と割引金額であれば、少しでもポイントで返ってきた方がお得です。auウォレットを使っている場合には、貯まったポイントをウォレットに現金チャージできますので、実質キャッシュバックみたいなものです。継続的に経済的な利便性を求めるのであればすべてをauにまとめるのも悪くないかもしれません。

 

 

やはりオススメはSo-net(ソネット)

auひかり一番のおすすめは、So-netです。
メールを頻繁に行う人でも安心の、メール容量が無制限です。メルマガや趣味や副業などでメールを使う人でも安心です。無料でメールアドレスを最大4つまで持つことができますので、使い分けることで自分の使い方に合わせてメールを使い分けることができます。

 

セキュリティーに関しても安心で、月額500円でセキュリティーサービスを受けることができますが、契約開始から2年間は無料でサービスを受けることができます。リモートの遠隔操作によるヘルプサービスや、出張サービスも受けることができます。ここに挙げたプロバイダはauひかりの代表的なプロバイダですが、自分の利用シーンに合わせて契約した方が失敗がないでしょう。

 

 

auひかりのプロバイダでキャッシュバックを賢くゲットする

しかし契約時に一番大切なポイントは、キャッシュバックです。月額料金は変わりませんがキャッシュバックがあるのと無いのとでは大きな差になってきます。

 

auonenetはキャッシュバックはありませんが、月額料金を支払うことでauポイントが入るのは大きな利点です。ポイントはウォレットに現金チャージできますので、継続的に経済的利便性を受けることができます。一方でキャッシュバックは一時的に大きな金額を手にすることができますので、インターネットを他社から切り替えてauにする際には大きな後押しとなります。

 

ビッグローブやSo-netは契約時に大きなキャッシュバックを行っていますので、時期を見計らって契約すると、経済的に有利になります。店頭では見逃しがちなキャンペーン情報も、インターネットで検索すると意外と出てくることがありますので、少し下調べをしてから店頭で話を聞き、キャンペーンを適用して契約する方法を探りながら契約するのが良いでしょう。

 

最近ではインターネットもスマートフォンも月額料金を安く抑えるための工夫がたくさん出てきています。無理に格安スマートフォンを使わなくても月額料金を安く抑える方法はあります。

 

格安スマートフォンは月額料金は安いですが、家庭用インターネットとの割引はあまり考慮されていないので、スマートフォンの機能がキャリア版と比べてそこまでではないものもあります。機能良くいい機種を安く安価に持てる方法は、auでインターネットもスマートフォンもまとめることで実現することができます。